モテなくて困っている男が必死にデリヘルを語るブログ

風俗店が混んでいる・空いている時間や時期はいつ?【繁忙期と閑散期を知るとイイこと尽くめ!?】

投稿日時:2018/9/11 閲覧数:1349 デリヘルハウツー記事, さらにデリヘルを楽しみたい人向けハウツー記事, デリヘル以外の風俗ジャンルを含む記事 コメントはまだありません

待たされるのは勘弁!風俗店が混んでいるとき・空いているときっていつ?

「久々に風俗を利用しようと思ったら混んでいて目当ての子を指名できなかった!」
「フラッと風俗店に入ってみたら一時間待ちで諦めた……」


そんな体験があるみなさん!
みんなが風俗を利用したい時間・時期なら、そりゃそうなります。

風俗にも繁忙期や閑散期、混む時間・空いている時間があるのです。

「サクッとスムーズに利用したい」「お気に入りの子を指名したい」「風俗嬢に顔や名前を覚えてもらいたい」ということであれば、ぜひ空いているときにリベンジしてみましょう。

今回は風俗店が混んでいるとき、空いているときをご紹介しますね!
ぜひあなたの快適な風俗ライフにお役立てください!

※全てのお店で当てはまるとは限りません。一番確実なのは事前にお店に電話で確認することですね……。

ライバル多し!待ち時間を覚悟するべき!?風俗店が混んでいる時間・時期


以前は「給料日の25日直後は混んでいる」というのが定説でしたが……現在は企業のシステムの多様化などにより、給料日が25日ではない会社も多いです。
そのため、「毎月25日は混んでいる」とも言えなくなってきたようですね。

金曜日や土曜日の夜・祝日の前日の夜



土日祝が休みの会社員にとっては、やはり土日や祝日の前日の夜に遊びに行きたくなるもの。
「平日は残業があるから風俗は無理」「仕事で疲れていてそれどころではない」という人も多いと思います。

金曜日の夜は「なんとか一週間乗り切った!」「明日から休み!」という解放感があるので、仕事後に風俗に行く人が増えるようです。
また、自宅近くの風俗を利用したくない事情がある方や、自宅周辺には風俗店がないという方は、金曜日のお仕事帰りに近くの繁華街で遊ぶのがベストなのかもしれません。

超絶ホワイト企業には月末の金曜日は15時に退社できる「プレミアムフライデー」なるものがあるようです。
その効果もあるかな……と思いきや、現状ほとんどの会社でそんな制度は利用されていないとのこと……。
それでも金曜の夜は昔から「華金」とも言われているので、やっぱり特別な時間なのでしょう。

基本的に、カレンダーでお休みになっている日の前日夜は、お客さん(ライバル)が多いと思って間違いありません。

土・日曜日



「平日は忙しくて遊んでいる場合じゃない!」「金曜日の夜は残業がある」という会社員が風俗で遊びやすいのは、やはり土曜日と日曜日です。

とくに土曜日の夜は風俗業界にとってはかき入れ時!

指名したい女の子がいる方や、できれば待たされたくないという方は要注意!
心配な方は事前に予約をしておいた方が無難です。
ラブホも混むので、お目当てのホテルの部屋が確保できない可能性があります。

しかし、日曜日の夜は比較的空いています。
「明日からまた一週間が始まるから日曜の夜は家でゆっくりしたい」という方が多いのでしょうね。

日曜日の夜は比較的自宅にいる人が大勢いる時間帯だと思うので、自宅にデリヘル嬢を呼ぶ方は注意しましょう。
ご近所にバレたらちょっと気まずいかもしれません……。

連休の最終日


三日以上の連休の場合、意外にも混んでいるのは最終日なんだとか!
連休前半は家族サービスやデート、友達との遊びなどに使って、後半はゆっくりというコースの人が多いからだそうです。

しかし、日曜日の夜と同じように、連休最終日の夜はそこまで混んでいるわけではありません。
連休の最後の夜なら、お目当ての子を指名しやすいかもしれませんよ。

GW・お盆・年末年始



大型連休はやっぱり混みます!

「連休なんてない……」というシフト制のサービス業の方は、できればこれらの日に風俗を利用するのは避けた方が良いかもしれません。
休みを謳歌しているやつらで混雑しています!

また、GWやお盆、年末年始は帰省する人や地方に旅行に行く人が多いため、いつもは空いている地方都市の風俗店も混む傾向にあります。
観光地が近いエリアはとくに要注意です。

6月・7月・12月



ボーナスの時期です。
臨時収入が入ったときだけ風俗を楽しむという男性も多いので、この時期はかなり混みますね。

とくに冬のボーナスが出る年末の12月は要注意。
一年の締めくくりにパーッと遊ぼうと考える人はかなりいますし、忘年会後の接待や仲間内での飲み会後の恒例行事として風俗を利用する人もたくさんいます。

また、意外なのは6月と7月。
この時期は夏のボーナスが出ることはもちろん、他にも混む理由があるのです。

その理由は梅雨があるので雨が降ることが多いからです。
雨の日は雨天時に仕事が休みになる職業に就いている男性がよく遊んでいるらしいのです。
(土方系とか屋外レジャー関係者とかですかね。)

雨の日割引キャンペーンに惹かれてやってくる人もいますし、意外と雨が降る時期も混んでいるようですね。

穴場!?お目当ての子を指名しやすい風俗店が空いている時間・時期


平日の昼間



土日休みの会社員や昼間は学校に通っている学生が利用しにくいため、平日の昼間はたいていどの店も空いています。

とくに空いているのが火曜日~金曜日の昼間でしょうか。
サービス業の場合は月曜日が定休のお店が珍しくないため、月曜日は意外とお客さんが来るようです。

週の半ばである火曜日・水曜日・木曜日は、夜間でもそこまで利用客は多くありません。
有休をとって平日に風俗遊びをしたいという人は、週の中日を狙ってみると良いでしょう。

風俗店のキャンペーンやイベントの次の日


お得な割引を受けられたり、いつもとは違うプレイを体験できたりするのが、風俗店のキャンペーンやイベントです。
もちろん、開催中はいつもよりお客さんが多いですが、終わった直後は逆にライバルが少ないです。

キャンペーンやイベントの終了間際に駆け込む人も珍しくありません。
だから、その直後が狙い目なのです!

少しでもお得に遊びたいなら、やはりキャンペーン・イベント中に利用すべきだとは思いますが、
お目当ての子を指名したい、待ち時間を極力なくしたいのであれば、開催後が良いですね。

大型イベントの開催真っ最中の時間



地元のお祭り、オリンピックやワールドカップの試合といった、大人の男性に影響力大のイベントが行われている時間は空いている傾向にあるようです。

地方のお祭りであれば、みこしを担いだり、祭りの運営をしたりと忙しい人が多いですし、
注目度の高い国際試合をしている時間はスポーツ観戦に忙しい男性が少なくありません。

ビッグな行事やイベントに興味がないなら、あえてその時間帯に風俗を利用しましょう!

2月・3月・10月・11月



風俗業界にとって、2月と3月はもっとも暇な閑散期とよく言われています。
年末年始でお金を使った男性が節約の期間に入る頃ですし、寒くて天気が悪い日が多いので外に遊びに行く人が少ない時期です。

また、年度末の3月は仕事が忙しくてそれどころではないという人もかなりいます。
さらに、卒業、転勤、引っ越しといった時期でもあるので、財布のひもがどうしても堅くなってしまう時期のようです。

しかし、風俗マニアにとっては狙い目の時期!
この時期までに風俗遊びのためのお金を貯めておきましょう。
いつもは人気すぎて指名できない子を指名できるチャンスかもしれません!


次に風俗業界の閑散期なのが、10月と11月。
夏季休暇でお金を使ってしまった人にとってはやはり節約の時期。

11月はそろそろ年末にさしかかってくる季節なので、仕事が忙しくなったり、年末年始に備えて貯金をしたりする人も多いようです。

夏の暑い時期は遊ばずに、あえてこの時期のために資金をとっておくのは十分アリなのではないでしょうか。

ストレスなく風俗で遊ぼう!出勤している風俗嬢のチェックも忘れずに!



「せっかく指名しようとしていた子が空いていなかった」
「今すぐ来られる子が微妙な子しかいない」
「待合室に入ってもう一時間も経つ」

なんてことになったら、肩透かしも良いところですよね。

女の子と会う前にテンションがガタ落ちです。

風俗を利用する時間や時期は意外と重要なのです!

また、お店に電話・入店する前に、その日の女の子の出勤情報を必ずチェックすることも忘れずに!
いつもと時間をずらしたら、お気に入りの子が出勤していなかったというトラブルもありえます。

何事も事前の準備が大切なんですねー!