モテなくて困っている男が必死にデリヘルを語るブログ

素股もアナル挿入(AF)もOK!バックの体位をおすすめしたい理由まとめ!

投稿日時:2018/7/24 閲覧数:616 デリヘルハウツー記事, さらにデリヘルを楽しみたい人向けハウツー記事, デリヘル以外の風俗ジャンルを含む記事 コメントはまだありません

正常位・通常位に飽きたらバックの体位を極めると世界が広がる!

突然ですが、風俗でのプレイの体位ってどうしてます?

きっと大半の人は正常位・通常位なのではないでしょうか。
(ごめんなさい独断と偏見です……。)

「AVで見てバックに興味を持った」「たまには新鮮なプレイをしてみたい」という
セックスに積極的な人以外は、なんとなく女性が下で男性が上の正常位・通常位でプレイをしているのではないでしょうか。

でも、体位ってそれだけではないです。

というより、体位を変えるとかなりいつものプレイが新鮮になります!!

ということで、今回はバックの体位を猛プッシュしてみようかと思います。
個人的におすすめなのがこのバックの体位なのです。

「ちなみにバック素股をすると風俗での本番率が上がる」のは本当だと思います。
女の子には見えないからねwww

でもこれ、うっかりやってバレた場合のリスクが計り知れないので、健全()な筆者は絶対におすすめはしません。

そもそもバック体位とは?



バック(後背位)は女性が四つん這いになり、男性が背後から挿入する体位のことです。

一説には正常位の次に人気があるようですが、定かではありません。

しかし、このバックは結構メリットが多い体位なんですよね。
バックの体位の何が良いかと言うとこちらです!

男性側が女性を見下ろすので征服感を味わえる


正常位も男性が女性を見下ろす形ですが、結構雰囲気が違う……と個人的には思います。

バックの場合は、女性がひざまづいているかのような四つん這いとなるので、
より男性優位と言いますか、男性が征服してるかのような感覚を味わえるのです。

ちなみに、四つん這いではなく女性が壁や家具にもたれかかるような立ちバックもありますが、
こちらも腰を突き出す女性を後ろから犯すので、視覚的にも興奮します。


バックでやりあっている姿を鏡で見ると、かなり股間にきますね!やばいです!

女性のGスポットを刺激しやすい



バックの体位だと、女性が感じやすい性感帯のGスポットが当たりやすいです。
何も考えずに挿入しても高確率で当たるので、普段は挿入でイケないという女性も感じやすいんだとか。

そのため、結構女性からも支持されている体位なのです。

バックの挿入は女性の膣に一気に挿入したら、相手の腰を激しく揺するだけでOK!
あ、でも揺する力は相手の様子を見てから決めてください。

女性の顔が好みじゃなくても無問題www


バックの挿入中は男性も女性もお互いの顔を見ることができません。
相手が感じている様子を目で確認できないのは残念と思いきや……実はメリットもあるのです。

それは……。

相手の顔が好みじゃなくても無問題ということ。

多少ブスだろうと、化粧が濃かろうとどうでもいいです。
綺麗な尻と締まりの良い膣があればOKなのです。

というわけで、面食いな人にも好みじゃない風俗嬢が来てしまった人にもおすすめです。

バック体位でできる風俗プレイ!風俗ではこれを試そう!


立ちバックで責める



立ちバックのメリットと言えばやはり深く挿入できること!

……ですが、風俗では違反になってしまいますね。
忘れてください。
(あ、でもアナルならOKですかね!)

立ちバックは女性のお尻を叩きたいSな方や、Gスポットをピンポイントに責めたい方には特におすすめです。
相手のお尻が高い位置にあるので、責めるのも楽と言えるでしょう!

SM好きな人は女性を軽く拘束して立ちバックの体位で責めるといろいろと捗りますw
女性の顔の前に鏡を置いて反応を楽しむSなプレイも良いですね。

また、ベッドだけでなく、お風呂の中や窓際などどこでも責められるも大きなメリット!

しかし、女性の腰や太ももへの負担が大きい体位なので、くれぐれも相手の様子を確かめずに長時間プレイを強いるのは止めましょう!

寝バックで責める



寝バックとは、うつ伏せに寝た女性の上に男性が馬乗りになる体位です。
女性の無防備なうなじや背中、横乳、お尻などを責められます。

また、この寝バックは女性がイキやすいと言われている体位でもあるんですね!

女性は足をピンと張ると感じやすいので、下半身に力を入れやすい寝バックはまさに最適。
指入れやバイブなどでGスポットを刺激しても良いですし、足を広げてもらって手を差し入れクリトリスを刺激してみるのも良し!

バック素股がやばい!



素股……それは男性器を女性の股に挟むことによって生まれる摩擦で疑似挿入をする風俗独特とも言えるプレイ。

バックは挿入がしやすい体位とは言え風俗では現実的ではないため、バック素股は必ずやっておきたいところ!
視覚的にも興奮度抜群です!

立ちバック素股をする場合は、男性が積極的に動く必要があります。

浴室でもできるので、シャワー直後に抜きたくなったときにもおすすめ。
女性に壁や家具によりかかってもらってから、股にペニスを挟み込みましょう。
このとき、できれば女性に片手でペニスを支えてもらうと安定します。

体と体がすり合う音が反響し合って、聴覚的にもエロいです。

寝バック素股をする場合も、男性が積極的に動く必要があります。

女性にはお尻や膣に力を入れてもらってなるべく締めてもらうようにしてください。
女性の股が開きすぎていると、誤って挿入することになりかねません!

AF・アナルバイブなどアナル系プレイもしやすい


バックの体位はアナル系プレイもものすごくしやすいです!

正常位の場合は男性側がかなり姿勢を低くしないとなかなかアナルの場所を確認できませんが、
バックなら位置がまるわかり!

じっくりアナル鑑賞をするのもアリですし、おもちゃや指を差し込んだり、AFをしたりするにはぴったりな体位ですよ。

バック体位で絶対に気を付けたいポイント!


メリットたっぷりで楽しいバック体位ですが、気を付けないといけないポイントもあります。
風俗ならではのトラブルに発展することもあるので、ここだけは要注意です!

女性の様子は頻繁に確認する


つい気持ち良くなりすぎてしまって、自分本位なプレイをしすぎるのは風俗と言えども危険。
風俗嬢からの好感度は下がるという問題ではありません。

立ちバックの場合、女性にはかなり負担がかかるので、相手の様子を絶対に気にかけてあげてくださいね。
体勢に無理がないか、勢い余って責めすぎてしまい痛がっていないか見てあげましょう。

相手の顔が見えづらいので、多少の気遣いは絶対に必要な体位です。

誤って挿入しないように最大限気を付ける!



バックは挿入が非常にしやすい体位なので、ついするっと奥まで入ってしまいます。

風俗の場合は勢い余って間違って挿入してしまうなんてことは絶対に避けたいところ!
(バレたらやばいからね!)

ペニスを手で添えて、誤って挿入しないように注意しましょう。
心配なら素股などのときに女性に片手でペニスを支えてもらうのもアリです。

また、当たり前ですが、素股途中の事故と見せかけて本番に及ぼうとするのは一番まずいです。
出禁や警察への通報もない話ではないので、気を付けてください。

立ちバックの場合は転倒に注意!


立ちバックは女性の体体勢が大変不安定な体位です。

我を忘れて責めすぎてしまうと、その拍子に体のバランスを崩して転倒、けがを負わせるなんてことになったら笑えませんよね。

しっかり体を支えられる場所で立ちバックをしましょう!
また、女性の腰を強く揺らしすぎる、AFで突きすぎるのも危ないです。

自分の手で女性の体を支えることは忘れずに!

風俗店で早速実践するべし!おすすめ風俗店は?



ちょっと立ちバックのことがわかってきたら、早速風俗店で実践してみましょう!
(あ、別に彼女や奥さん、セフレがいる方は風俗じゃなくても良いんですよ!俺はいないですけど!いないですけど!)

バックはマニアックなプレイというほどではないので、「バックの体位専門の風俗店」はありません。

基本的に自分好みのお店と女の子を選べばそれでOK!

女の子の好きな体位が書いてある風俗店もあるので、そこからバック好きな子を探すのも良いですね。

ちなみにデリヘルなら、デリヘルに特化した風俗ポータルサイトもあります。
全国のおすすめデリヘル店情報

参考にどうぞー!